What's CSV?カンファレンスの感想

先日greenzのWhat's CSV?カンファレンスというイベントに行って来たので、
行ってみた感想を忘れないうちにメモ。
(Facebookにもコメントを入れたけど、こっちの方が見やすいので転記。)

CSRが行為であるのに対して、CSVは経営姿勢の様なもっと理念的なものなのかもしれないということ。

以前から経営戦略というのは、成功するも失敗するも50%の確率で、それ自体にあまり意味はないと思っていた。
意味があるとすれば、一つの旗として、おーいみんなこっちに進むぞ~と号令をかけて、大勢の人達の心を一つの方向に向かわせてバラバラの力を大きな力のベクトルにするためのツールだと思っていた。
CSVは、その旗の色が、社会に良いことをするというものであった方が、みんなの共感が得られて旗の役割をより良く果たせるよねという様なことかなと、一旦今は思うことにする。
[PR]

# by liil21 | 2011-11-29 16:48 | 真面目ネタ?  

デジタルマーケティングNeXT2011の感想

デジタルマーケティングNeXT2011という展示会に行ったので、
行ってみた感想を忘れないうちにメモ。
(Facebookのコメント欄にも書いたけど、こっちに書いたほうが後でみつけやすいので転記。)

やっぱりこういう大手企業担当者向け展示会というのは、既にパッケージになったサービスが主流になっていて、時代の最先端は捉えていない。

Web上のブログやFB、Twitterのストリームを日々追いかけている方が全然情報の鮮度が高い。

今回の展示で発表されている様なことは、既に5年前から自分が実践していた手法ばかりだった。あの頃、試行錯誤を繰り返してやっていたことを今頃になってパッケージ化して売り出そうとしてるって、今の時代の流れって思ったほど早くないのか?
あるいはこうした展示会自体、もう時代遅れなのかもしれない。

自分の現在の力量にも少し自信が持てたが、すぐに陳腐化するスキルだなあと実感。
[PR]

# by liil21 | 2011-11-29 16:44 | 真面目ネタ?  

ISM大会で感じたこと

先日行われたISM大会で感じたことをこちらも忘れないうちに書いておきます。

まず、やっぱり英語で会話出来ないとダメ!ってこと。
アジア各国のISM代表や関係者が来てるのに、英語喋れないから積極的に名刺交換も出来ない。
もったいない!

スカイプでフィリピンの大学生と英会話レッスンっていう激安オンライン英会話教室があったから、やってみようかしら?
http://www.rarejob.com/

それからもう一つ、ISM韓国代表が言ってた言葉で、日本も韓国もまた他の国も同じ東アジアのコミュニティの一員としての意識を持たないといけない。

技術を盗まれるとか、国内の製造業が空洞化するとか言って、地震が起きるリスクのある日本国内にだけ工場つくってると、結局リスク分散出来なくて、需要を他の地域に持ってかれる。

隣同士の国でいがみ合ってる場合ではない。EUを見てみろ。

さすがワールドワイドで生きてる人は言うことがデカイなぁ。

自分はつい最近まで、日本という国にそれほどこだわりを持っていないと思っていた。

日本のxxのためにとか、例えば日本のものづくりのために何かしないといけないとか言ってる人がいると、なんで日本に固執する必要があるのか?と思ったりしていた。世界の技術レベルを上げることに貢献できれば、日本がどうとかあまり関係ないのではないか?と。

だけど、震災があって、やっぱり日本人が好きだってことがわかった。好きな人たちのために頑張りたいと思うのは当たり前の気持ちだと思い直した。

できれば、東アジアのコミュニティの人達には、技術だけでなく、日本人の精神とか、クラフトマンシップ、気質についても学んで欲しい。もちろん、日本人が学ぶべきことも沢山あるだろう。

お互いがお互いの良いところを認め合い、学びあって、より高いLevelの人間性を醸成できるようになりたい。

日本人の精神レベルが昔と比べて劣化してるという人がいるが、それは本当かどうかはよくわからない。

清貧の時代と、飽食の時代があって、人間は一度しか人生を生きられないので、それぞれの時代で、違ったシチュエーションの中で、1人の人がどう振る舞うかと言うのは検証出来ないからだ。

いつの時代でも昔は良かったという人はいる。
ただ、世界が良い方向に向かっているという実感が持てなくなって来ていることは確かだと思う。

それでも技術は進歩しつづけている。
便利な世の中で、その便利という道具を使いこなせるだけの精神性を自分らは持っているのか?

人間はいつの時代もその問いをし続けている限り、いくらでも高いレベルの精神性を身につけられるのではないかとも思っている。
[PR]

# by liil21 | 2011-10-15 00:10 | 真面目ネタ?  

ジョブズの訃報

スティーブ・ジョブズの訃報に触れて、思ったことを忘れないうちに書いておこうと思います。

僕は正直なところ、そんなにジョブズにハマってたわけでは無いので、一つの時代が終わったとか、それほど感慨深い思いがあったわけではありませんでした。

ただ、彼が見せたiphoneを代表する未来にはワクワクさせられたし、自分の頭の中のイメージをこれだけ形に出来た、世界を変えられたことは、素直に尊敬しています。

自分がプロダクトで世界を変えたいのでは無いことはよく認識でしましたが、一方で世界を変えてみたいと思っていたんだということは、はっきりと認識してしまいました。

僕達は世界を変える事は出来ないという映画が上映中です。普通の医大生がパーティーで集めたお金でカンボジアに小学校を建てて、その小学校を見に行くという実話に基づいたお話だそうです。

まあ、自分からすると医大生である時点で普通ではないのですが、是非見てみたいなと思っています。

さておき、ジョブズの事ですが、twitterのタイムラインを眺めていて、これだけたくさんの人が茫然自失となり、落ち込み、何もする気が起きないと思っている状況を見て、果たして自分には身内や友人以外でそれだけのインパクトを与えられる人の死があるだろうかと疑問に思いました。

そんな自分にとってのヒーローが、ちょっと思い出そうとしても思い浮かびません。孫さん?尾田栄一郎とか?なんか違います。多分、いないんだと思います。

これは良い事なのか、悪い事なのかよく分かりません。

尊敬する人は沢山いるけど、憧れの人、この人みたいになりたいと思う人は、今の時代にはいない気がしてます。

尊敬するというのは、この人のここはいいな、真似したいなと思える人で、憧れの人は、全人格的に尊敬する人というイメージです。

憧れの人が誰かいたら、もっと人生面白くなるのかもしれません。

探してみようかな。
でもそんな人いないんじゃないかな?
探す前から諦めるな!
いつもながらつまらない事でウジウジします。

とにかくジョブズはもういません。
素敵なワクワクを、夢を見せてくれるファンタジスタがいなくなった事は残念でなりません。

新たなファンタジスタが現れる事を願いつつ、自分も世界を変えるファンタジスタになりたいと思い続ける事はやめない様にしようと思いました。
[PR]

# by liil21 | 2011-10-14 23:41 | 真面目ネタ?  

こどもってすごいなと思ったこと

お風呂で6歳の長男とたたかいごっこして遊んでいて、やり過ぎて泣かした。
その後、ベッドの上でたたかいごっこしてて、またやり過ぎて泣かした。

そしたら、やられたら嫌なことを指を折って教えてくれた。
ちゃんとルールを決めて、これはやっちゃダメだと教えてくれた。

大人だったら、嫌な人がいたらすぐに諦めて、なるべく近付かない様にする。思った事があっても、言わないで陰口をたたく。その人と真っ向から取り組もうとしなくなる。

子供にとって父親は好き嫌いに関わらず、自分しかいない。なんとかやってかないといけない相手だというのはある。

でも、きっと保育園で、友達にも同じ様にお互いやられたら嫌なことを言い合って、ルールを決めて遊んでるんだろうなと思う。やっぱり凄いなと思う。
[PR]

# by liil21 | 2011-09-22 17:03 | 生活